fbpx

京都スケボースクールからお知らせ

EKL PARKをいつもご利用いただき誠にありがとうございます。
スクールからのお知らせです。

年始の予定

2019年度のストリートスケートスクールは本日(2019年12月22日)が最終回となります。次回のストリートスケートスクールは2020年1月11日・12日から通常通り再開します。ご利用いただきました方誠にありがとうございました。

2019年 振り返り

今回はこれまでのスクールを少し振り返ってみます。スクールにご興味がある方はぜひご検討くださいませ。

ストリート中級 (10:00-11:00)

EKL PARK宇治ではストリートスケートにおけるスキルアップを目指します。
レベルの目安として、『オーリー練習中〜キックフリップ』 といった感じです。
最大参加人数は5名となっており、少人数制をとっています。ですので個々のレベルに合わせたアドバイス・効果的な練習方法をレクチャーできる仕組みとなっています。こちらは基本的なスクールのカリキュラムとしてご参加頂いた方にお渡ししているメモです。

こちらのフローでレクチャーを進めて、合格ラインに達した生徒さんが次々と新しいトリックに挑戦していく形をとっています。そして生徒さんが何ができて何ができないかを見極めて、フラットだけではなく一部でセクション(ボックスなど)を使ったレクチャーを行うこともあります。
中級スクールでは簡単すぎてこんなの何に役立つの?って思うような練習を行うこともありますが、基本をしっかり身につけるといったところに重きをおいた内容になりますので、結果としてチャレンジしたことがないトリックもやってみたら意外とすんなり「できた!」なんてこともしばしばです。基本を身につけることの重要性はここにあると思います。生徒さんの上達スピードは基本をすっ飛ばしてきたかつての僕とは比べ物にならないレベルだと思います。
僕(blocks/マミー)は、スクールに来てくださった生徒さんには必ず何か一つ新しいトリック・スキルを持って帰ってもらおうというのが目標です。

上達には波がありますので、伸び悩む時もありますがそんな時にこそお越しいただければ良いかと思います。きっと何かを持って帰っていただけると思います。

ストリート初級(11:15-12:15)

こちらもEKL PARK 宇治が行っている、ストリートスケートスクールの一つです。初級レベルではありますが、ミニランプ(小さいハーフパイプ )は使わずにフラットでレクチャーを進める内容となっています。そのためパークスケート(ミニランプやバンクなどのトランジッション)を得意とするスケーターとはまた違ったスタイルの基礎が身につきます。
レベルの目安として、『スケボー初めて〜チクタク』といった感じです、最大参加人数は5名です。
そして初級クラス卒業の目標はオーリーです。こちらがストリート初級でお渡しいているメモです。できたことやアドバイスを書いて持って帰っていただくようにしています。さらにスケートボードのパーツやセッティングについての基礎的な知識もレクチャーしていますので、お買い物の際にも役立てていただければ良いかと思います。

ここで最も生徒さんに身につけてもらいたいのは、スケートボードが自分の足になるような感覚です。ストリートスケートといえば段差を登ったりレールを滑ったりといったスタイリッシュなトリックが浮かんできますが、あれらはスケートボードが自分の足になった先にあるものです。
スケートボードは急がば回れ、です。というよりも急ぐ必要はないので、生徒さんが焦らないように個々のレベルとペースを配慮した進行を意識しています。
ですが僕の基本方針は同じで、何か新しいものを持って帰ってもらうという点には変わりはありません。
もうそろそろかなと思ったタイミングでオーリーのレクチャーを始めるようにしております。

中級者の生徒さんも入ってます笑

スケートボードに興味があるけども何から始めたらいいかもわからないし、とにかくふわっとしていて、、誰か教えて!という方にお越しいただければいいかなと思います。スケートボードが足になれば学校のスターの座は間違いなしです。
みんなに自慢できるスキルを身につけて行きましょう。

大人スクール(12:30-13:30)

こちらはEKL PARK 宇治が行う最新のスクールメニューです。
子供だけではなく大人にもやり方やコツを教えて欲しいというリクエストをいただいたので始めました。誠にありがたいことございます。
高校生(場合により中学生も可)〜どなたでもご参加いただけます。こちらも最大参加人数は5名です。
こちらにはカリキュラムを用意しておりません、メモのお渡しもしておりません。というのは、大人のスケーターですとスケートボードを理屈で考え理解する力があるからです。スケートボードは物理です、現代ストリートスケートのゴッドファーザーRodney Mullenはそう言いました。
ですのでこちらのスクールではカリキュラムとかではなくどんなトリックからでもアドバイスやレクチャーをさせていただいております。ですが内容はオーリーが中心となることが多いです、フリップ系もできるけどオーリーを綺麗にしたいという方が来られる時もあります。一人で練習していると一体何が悪くてできないのか発見に時間がかかってしまう場合があります(特に上半身のブレ、重心の偏り)が、スクールにご参加いただくことで新しい発見をしていただけるかと思います。
スクール中は僕も皆様と一緒に滑っておりますので、間近で見て参考にしていただけますと幸いです。

練習中は僕が皆さんの動画の撮影に協力いたします、ぜひ練習の記録として持って帰っていただき寝る前に見返したりして次の練習に活用しましょう。

予約カレンダー

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。