fbpx

BMXローカルライダーブログ

待ちに待った”FOB#1”の開催日!!!

病に倒れ、無念の不参加となりました…orz

 

しばらく安静の為たまには、じっくりBMXのカスタム出来る所を見ていきましょう♪

 

僕のBMXはバラバラの状態から組み立ててるので、基本的にフルカスタム状態です(^^)

 

まずはフェイス部分のハンドルから♪

 

2ps Barを使用しています。

今のハンドルの主流は2ps、4psどちらもなのですが手に伝わってくる衝撃は比較的2psの方が優しく感じる傾向にあります(^^)

 

この2,4の数字はどこの数字?って聞かれると溶接箇所の数です!

 

なぜ優しく感じる傾向にあるかと言うと、2psbarの溶接箇所ですと着地時などにしなりやすい用に出来ているからなんです♪

 

次に車体とハンドルを繋いでくれる部分”ステム”

僕は結構低めのセッティングです(^^)

ここでハンドルの角度決めなど、後のライディングに影響するセッティングが多々出てくるので、色々なセッティングを試す事をオススメします♪

 

標準の角度としてはフォークの角度と水平程度が一般的とされます。

そこから基準に自分にあったハンドル角度を見つけていきましょう♪

 

そしてフロント部分最後はフロントフォーク。

 

フォークオフセットと言うんですけれども、タイヤの固定位置が0~38mm程ずらしています!

なぜずらすの?って聞かれるとずらすことでハンドリングのクイックさが全然違うんです(^^)

 

例えば0mmオフセットの場合かなりクイックです。

ですが一輪でクルクル回る事の多いフラットランドでは、軸がずれない為こっちの方がトリック的にはやり易いんですよね!

 

同じ0mmオフセットでストリートをやった場合ハンドリングがクイック過ぎて、出来ない事は無いですが、かなりやりづらいと思います。

 

要はこのオフセットmm数が多いほど、ハンドリングが緩やかになると考えても間違いでは無いですね(^^)

 

なので両方やる僕は間を取って15mmオフセットの物を愛用しています♪

 

こんな感じでカスタムするにも、したいことの理想があるとなかなかやり易くなりますよー(^^)

 

次回はドライブ部分のカスタムチェックとプチ知識としましょうか\(^^)/

 

それでは次回まで!

See you again!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。