fbpx
  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブランド別スケートボードのトラックの違い

ブランド別スケートボードのトラックの違い

皆さんこんにちは!EKL PARKの宅川です!

スケートボードのトラックとは、デッキ(板)とウィール(タイヤ)を繋いでる部分の事言います。
様々なブランドがありますが今回はみんながよく使っているインディペンデント、サンダー、ベンチャーの3つのブランドを紹介します!!
サイズが同じでも高さが違って高い順に言うと
写真の左から高い順に1インディペンデント2ベンチャー3サンダーです。すべてHiのトラックを使っています!

トラックには、高さが二種類あってHiとLoがあります!

写真は(ベンチャー)で高さの違いを表しています。

Hiのトラックは高さがあるため大きいウィールをつける事ができ56mmまでがいいですね!
大きいサイズのウィールを付けると自転車と同じでスピードがでやすいです!
トリック(技)をするとき弾くタイミングがLoよりも遅れるが強く弾く方は、Hiのトラックがオススメだと思います。

Loのトラックは低いため小さめのウィールがオススメです。
トラックのたかさがないため大きいサイズ付けるとデッキにあたって詰まったりブレーキがかかってしまいますのでサイズは53mmまでが限界です。
ただLoのほうが安定しトリックをするするとき弾くタイミングが早くなります。

トラックのサイズの見方

スケートボードのデッキ(板)に対してトラックのサイズを合わせて乗るのがいいですね!
サイズが大きいとデッキ(板)からトラックがはみ出たり逆に小さいと内側にウィール(タイヤ)が入るのでそこはサイズをあわせるのがベストです。
ブランドの違いでサイズの見方がすべて違うので気を付けてくださいね!!!

          サンダー

 インディペンデント デッキ(板)  7.3~7.85 :129          
 ベンチャー     デッキ(板)  7.3~7.85 :5
 サンダー      デッキ(板)  7.3~7.85 :145

インディペンデント デッキ(板) 7.75~8.25:139         
 ベンチャー     デッキ(板)  7.75~8.25 :5.2
 サンダー      デッキ(板)  7.75~8.25 :147

インディペンデント デッキ(板) 8.25~8.75:149        
 ベンチャー     デッキ(板)  8.25~8.75 :5.5
 サンダー      デッキ(板) 8.25~8.75 :149

インディペンデント 8.25のデッキサイズにピッタリの144サイズも最近登場しています

EKLでもサンダー・ベンチャー・インディーなど取り扱ってます。
スケボートラック商品ページはこちらから


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事